そこに山があるんだもん (≧▽≦)

~ そこに山があるはずだ ~

2020-08


DSC_5824-1
泡滝ダムへ向かう途中、焼ける焼ける
山の上で焼けてぇ~

DSC_5830-2
前回は往復だったけど
今回は山頂まで行けば良いから余裕・・・
と思ったのが間違い

泊りの荷物は重かった

レンズやら三脚やら
昨年より重量が増えている

DSC_5847-1
今回は直登コース

大鳥池沿いでバランスを崩して転んでしまった
荷物が重くて体制を操れず石の角に額をぶつけた
( なぜ手が先に出ないんだ )

流血を覚悟したが
流れ落ちてこない

恐る恐る手で触れてみた
あっという間に額の5分の2くらい腫れあがってる

冷静に冷静に
自分に言い聞かせた

そうだ凍らせたゼリー飲料があった

保冷バックに保冷剤たっぷりと入れて車中移動していたから
登山口からザックに詰め替えても
まだ少し凍っていて冷たい

戻ろうか・・・と、10%くらい思ったけど
それほど痛くなかったので行くことにした

汗でぬれたタオルは風に当たるとけっこう冷たい
面を変えながら額を冷やした

小屋に着いてからキズパワーパッドを貼った

それにしても10~20歩ごとに立ち止まって休むほどの疲労


DSC_5863-1
水はまだ残雪下でとれた

DSC_5885-2
夕日

このあと  真っ白
いつもの以東岳 ( 自分比 )

DSC_5902-1

稜線が見えていたので救われた

DSC_5927-2


DSC_5929-1
雲は多い

キズパワーパッドは餅貼ったみたいにパンパンだった

DSC_5957-1
オツボコースを下る

DSC_5961-1
また来るね~ 

DSC_5987-1


DSC_5998-2
雲が来た

DSC_6036-1
庭で撮ったみたい

DSC_6042-1


DSC_6052-1
お花畑すぎて
どう撮って良いかわからない

DSC_6088-1
石橋みたいなスノーブリッジ

DSC_6103-2
ミヤマリンドウもいっぱい

DSC_6118-1


DSC_6130-2
前日ザックに幼虫ついてて
たいへんだったので ( ひとりなので )

休憩は上が茂っていないところで

DSC_6143-1

大鳥池の小屋のお兄さんが草刈り機を背負って登ってきた
そっか、これから刈ってくださるのか~
私、一番茂ってた時に歩いてたのね

登山道の整備、いつもありがとうございます

DSC_6147-1


DSC_6153-1
ゆっくり帰ろう
( ゆっくりしか歩けない )

DSC_6173-1
そして、2日後には
目の周りムラサキに



2020-07

コンビニにもよらず
ドア to ドア キャンペーン

DSC_5556-2
今回も 登山口へ向かう峠道の木漏れ日が絵画のよう

DSC_5571-1


DSC_5575-2
朝露・・・霧雨だったのかも

DSC_5578-1


DSC_5584-1
雲海が広がっていた

DSC_5586-1


DSC_5590-1


DSC_5598-1
ミヤマアケボノソウが見たかったの

DSC_5600-2


DSC_5605-1
あちらこちらにホソバツメクサの宇宙

DSC_5632-1


DSC_5650-1


DSC_5665-1
剣ヶ峰が間近に見えるところまで

DSC_5672-1
こちらから早池峰山頂を眺めるのははじめて

DSC_5703-1
鶏頭山方面へ
奥は毛無森だって

山の大先輩がご一緒してくださって
いろいろ教えてもらいました

その年の西暦と同じ標高の山や
干支にちなんだ山、
マイナー12名山もすべて行っているという

でも、ご自身からはあまり話さないので
こちらからいろいろ聞きだしました (笑)

歩いていない山はあるのだろうか。

DSC_5708-1
岩手山がちらり

DSC_5724-1



DSC_5760-1
雲が多いと躍動感があっていい

DSC_5770-1


DSC_5780-1





2020- 07

1年ぶりの以東岳
日帰りはもったいない
出来れば山頂で一晩過ごしたかったけれど
そんなことを言っているといつまでも行けないので
少しだけでも、朝日連峰の稜線を見てこよう

重いカメラはしばらく背中に背負って

天気が崩れる前にオツボコースの展望を楽しもう

DSC_5421-1
静かな大鳥池

DSC_5429-1


DSC_5444-1


DSC_5462-1


DSC_5463-1
雲が来た

DSC_5465-1


DSC_5470-1
ギボウシがたくさん

DSC_5483-1
今年はニッコウキスゲがめいっぱい咲いている写真を多く見た
〝当たり年〟ってことかな

DSC_5497-1


DSC_5515-1
小朝日岳付近の姫小百合は花が大きめだけど
こちらは小ぶりで〝姫〟っぽい

DSC_5508-1


DSC_5522-1
以東岳の山頂まで見通しが持たない気がして撮り納め

DSC_5534-1
真っ白になっちゃった

小屋の管理人さん ( Aさん ) が、以前大井沢でお会いしたことを覚えていてくれた
夜明け前、真っ暗闇だったのに
嬉しいなぁ

DSC_5545-1
さ、帰ろう



↑このページのトップヘ