7月

2度の雨天延期を経て
やっとやっと決行となったお山詣りは
偶然にも大峰奥駆修行と同じ日
内容は違いますが、蔵王つながりということで
よい日だったと思います

山形県側の熊野岳に通じる蔵王古道と
宮城県側の刈田岳に通じる蔵王古道
馬の背を繋ぐと
蔵王山を越えて結ぶことができます

延期となった期間に宝沢の蔵王大権現様に
ご挨拶させていただいたり、
部分的に下見できたりしたので
延期に意味もあったのかと

山形県側の古道は
東沢古道保存会さんのHPより
蔵王古道宝沢口詳細地図を参考にさせていただきました

遠刈田温泉に車1台を置いて、もう1台で宝沢口へ移動
AM3時に歩きはじめたため
写真は明るくなってからのです


DSC_7110-1
陽がさしたのは三合目にあたる『 唄の沢 』
素敵なネーミングだけど、実は悲しみの声

DSC_7120-1

DSC_7139-1
四合目の『 不動滝 』
立派な滝でした

DSC_7148-1
『 独鈷沼 』は五合目
瀧山から下見に来たときは雨だったので
一際美しい ( 雨も良かったけど )

DSC_7159-1
前回、マイヅルソウの花がたくさん咲いていたので
実になる頃を楽しみにしていました
周囲の草が茂り、隠れぎみ

DSC_7164-1
懺悔坂付近からは月山や瀧山が見えます

DSC_7173-1
地蔵尊まで来ると、登山者の方もちらほらといらっしゃいました

DSC_7175-1
蔵王古道の地図によると地蔵岳 ( 地蔵山 ) は
山頂ではなく巻道を通っています。
疑問でした。
そこで、以前撮影していた古地図を確認すると
山頂への道がなかったようです。
峠越えが目的なので、そちらの方が歩きやすかったのかもしれません

DSC_7179-1
ご一緒させていただいたOさんは宮城蔵王のガイドさんで
蔵王古道の会(宮城県)の先達さんでもある
全行程、地下足袋で歩き通しました ( すごい )

DSC_7182-1
もうすぐ熊野岳山頂

DSC_7183-1
オノエラン

DSC_7187-1
見慣れた景色が新鮮に感じる

DSC_7188-1

DSC_7192-1
蔵王古道Tシャツ披露
久しぶりに着たらTシャツが大きくなっていました

DSC_7197-1
駒草保護のためロープが張られていますが
お釜と駒草が一緒の写真におさまる場所も
作られてあります。親切です。

DSC_7205-1
およそ6時間30分歩いて辿り着いたお釜
格別です

DSC_7212-1
そして 刈田岳

ここからはOさんが整備してくださった
宮城蔵王の古道を下ります

蔵王古道の会HP

DSC_7215-1

DSC_7220-1
何度か歩いているので写真は少なめ

DSC_7225-1
15時30分 刈田嶺神社里ノ宮へ


暗いうちに歩き出したので、
はじめての道がよくわからないままに通り過ぎてしまいました
しかし、ロングコースなので早出は必須
明るい時間に山形県側だけ歩く機会が
また訪れると思います。

山形蔵王、宮城蔵王、それぞれ古道を
大切に維持されている方々のおかげで
消えずに続く『 道 』
昔は命がけだったかもしれない峠越えですが
歴史や古人を偲び、石碑で手を合わせながら歩く
そんな落ち着いた現代の山旅を
させていただきました



□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■


別日
明るいときに撮影しました

DSC_7398-1
蔵王権現塔  『 宝沢登山口 』  

DSC_7401-1
生別れ地蔵 『 一合目 』