イメージ 1

山スキーを練習しにスプリングバレーへ

どちらかというと滑る練習ではなく登る練習です。

ファッショナブルなボーダーさん達の滑るゲレンデの隅っこを

目出し帽でスキーを履いて登っていく私は異様だったかも。。。

人の少ないゲレンデを選んで登ったら上級者コースだったようで

すごい急斜面! やめれば良いのに振り返って見てしまいました・・・ぎゃ~!

登ったは良いけど降りれな~い

仕方が無いから上へ上へ



スキーの裏に付いている 「 滑り止めのシール 」 というベルトみたいなのを外して

滑り降ります。

ボーダーのお兄ちゃんに 「 初級コースはどっち? 」 と尋ねなんとか下山。

滑っているうちに20年前の感覚がよみがえってきたような。

バランスのとり方、体の向き、覚えているもんですね。

何でもやっとくものだな~と思いました。