2016  8/12 (金)

雁戸山から帰宅してパソコンを開き、
ネットニュースで
今夜ペルセウス座流星群が見れる良い条件が揃っていることを知りました。


そうだ、月山へ行ってみよう。


身支度を整え直して出発。
途中、寒河江SAで40分仮眠。
月明りがまだ消えないうちに入山。

イメージ 1

シャッター30分解放後、同時間のノイズ低減処理で
ひとり、じーっと待つこと1時間。
出てきた画像は・・・ガーン 
設定ミス       上の画像はなんとか補整してあります。
流星撮影だったら長時間いりませんが、前回もうまくいかなかったので撮りたかったの。

心が折れそうな中、撮影続行。
湿気でレンズが曇るため、長時間露出はあきらめました。


イメージ 2


イメージ 3

 右下に流れ星。
  ※ 画像にポイントを置き、現れた右下の+をクリックしていただくと、も少し鮮明な画がでます。
   

イメージ 4

折れかけた心を引きずって山頂へ。



イメージ 13

 
イメージ 14


イメージ 15


イメージ 19

小屋泊り、白装束の方々もご来光を浴びに。


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 5

 鳥海山。

イメージ 6


イメージ 20

 影月山。


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

木道でたくさんの登山者さんとスライドしながら
8時30分には下山しました。

雁戸山下山して月山登るなんて・・・長い一日だった。