2016  9/24(土)

仙人沢コースから仙台神室へ。


車は仙人沢登山口付近に置き、
下山時に笹谷峠の登山口(下山口)から車道を歩いて車まで戻ります。

登山前に車道を歩きたくないのと、
何かあって引き返す場合のことを考えて。



イメージ 1

登山口は暗めなので、ひとりだと入山するとき、少し躊躇します。


イメージ 2

歩き出してしまえばそれほど暗くありません。

沢沿いを行くコースは谷側が切れ落ちているので注意しないと。


イメージ 3

覚悟していたけど水量多め。 前夜は雨でした。


イメージ 4

沢音が心地よいコースです。


イメージ 5

ここの渡渉は足が止まりました。
靴を脱いで渡れば、と思ってきたけど
実際はめんどーなので・・・
いえ、めんどーに感じるということは、渡れなくもない気がする。

上流に行ってみたり、戻ってみたりして。
イメージトレーニングしてから、飛び石でなんとか突破。

以前ドッポン経験があるので、かなり慎重です。


イメージ 6

沢幅が広いほうが、深みがなければ流れ穏やかで渡りやすい。


イメージ 9

仙人大滝への分岐。
前回訪れたのは11月、笹谷峠が冬季閉鎖される前日。
こんなに茂っていると違う場所のようです。


イメージ 7


イメージ 30

水量が多くてなかなか近づけない。


イメージ 8

本当に前回と全然違う。

前回↓ こんな近くまで行けました。

イメージ 3



イメージ 10

コースに戻って尾根へ。


イメージ 11


イメージ 12

崖にロープ。

イメージ 13

上がると展望良し。


イメージ 14

この時はこの日の目的が達成できることを疑わなかった。


イメージ 15

まだ続く急坂。


イメージ 16

仙人沢コースを下りに使う場合、
この場所では本来のコースより沢道の方が目立つので
「登山道へ」と書いてある「登山道」を
沢道と勘違いしてそちらへ進んでしまわないだろうか、、、と感じました。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

このあたりで道迷いをする話を聞きます。
ここの渡渉でのことと思っていました。
しかし、・・・次の涸れ沢かな。 (この日は涸れていない)


イメージ 20

だんご平から仙人沢コースを下った場合、
こちらの涸れ沢(この日は涸れていない)を下るところで足元に気をとられ、
途中左(左岸)に入る箇所を見落として
突き当りの沢に合流してしまう。
のかな、と思いました。


イメージ 21

ダンゴ平を経て目指すは仙台神室。


イメージ 25


イメージ 22


イメージ 23

かなりショック。
目的は、ここからの景色を撮りに来たのに、雲の中。
あと1時間早く出発していれば、、、


という後悔をかき消します。

また来よう。



イメージ 24


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28

山グミの実。 渋かったけど自然の味。


イメージ 29


 車道は、ショートカットしないで時々走って35分。

 
 仙臺神室 って書くのも悪くないねー。