2016  12/29 (木)

東京都昭島にある
クライミングジム&ヨガスタジオ「PLAY」 にて。 最終日でした。

田部井 淳子さんのこれまでの活動写真やスペシャルムービー、
文章や愛用品などの展示、
77年間の軌跡を思い出とともに伝える回顧展です。 


イメージ 1

たくさんのアウトドアショップが並んでいます。

イメージ 2

奥へ進みます。

イメージ 3


イメージ 4

クライミングジム&ヨガスタジオ「PLAY」は
タベイプランニングさんが運営されています。

田部井淳子さんは女性で世界初のエベレスト&7大陸最高峰を登頂されました。

7大陸最高峰とは

アジア大陸エベレストネパール中華人民共和国、8,848m)
ヨーロッパ大陸エルブルス山ロシア連邦、5,642m)
北アメリカ大陸デナリアメリカ合衆国、6,194m)
南アメリカ大陸アコンカグアアルゼンチン、6,959m)
アフリカ大陸キリマンジャロタンザニア、5,895m)
オーストラリア大陸コジオスコオーストラリア、2,228m)
南極大陸ヴィンソン・マシフ(南極半島付近、4,892m)       ウィキペディアより


東日本大震災後は、被災した高校生を
富士登山を通して応援しようと計画、実行されていました。
来年(今年)も行われるそうです。


イメージ 5

広くて明るい展示スペースです。


イメージ 6

エベレスト登山時に履いた 中がふかふかの登山靴。 
3㎏近くあるなんて。


イメージ 7

当時は特注の防寒着。

右のザックのベルトが無いのは
小屋のストーブの修理部品として使ったとのこと。
あるものを工夫して使用するという機転なのですね。

車のカバーで作った手作りのグローブカバーなどもあり、
現在の道具がいかに進化しているかがわかります。


イメージ 8

真ん中にある籠は食べ物がつぶれないようにと。
蔵王の収録に同行させていただいた時、
中から干し柿を出していただきました。


イメージ 9

友人がカーテン生地で作ってくれたというズボン。
ふたりだけのお揃いだったそう。
仲良しだったに違いありません。


イメージ 10


イメージ 11

受付のある特設展示スペースの隣、ガラスの向こうにはクライミングジム。


イメージ 12

田部井淳子さんとご主人が山で出逢った時に
偶然同じシャツを着ていたそうです。
「 同じね 」 と話がはずみ、後にご夫婦となられるわけです。
2枚共、ザックで擦れたシャツの背中が薄くなっていますが
ご主人の(右)はそのまま、田部井淳子さんの(左)は、布が当ててあるそうです。
福島県と現在のお住まい、バラバラに置かれていたシャツが
今こうして並んでおります。