2017年 6/24(土)


山歩き中、分岐にさしかかると
そちらはどんな道なのか、どのような道に繋がっているのか気になります。
少しだけ様子を見に行ってみることも度々。
別の機会に、違うコースから
以前通り過ぎた分岐に合流したとき
それはそれは嬉しくなります。
見覚えのある場所に違う角度から飛び出してきた自分。
以前歩いてきた方向に立ち直して確認したりして。


そんなワケで
気になっていた道を歩けて嬉しい山行でした。


イメージ 1

SONEさんの 山と高原地図の登山道調査にご一緒させていただき
高松岳 →  長い尾根歩き  → 虎毛山へ。


虎毛山・赤倉沢の登山口に 車1台をデポ。
もう1台に乗り合わせて高松岳の湯の又コース登山口へ

SONEさん、 マスさん、 モンキィさん、 Tammyさん と5名。



イメージ 2

登山口からしばらくは 滑らかな湯の又沢。


イメージ 3

何本かある橋は地元の小学生が命名したようです。


イメージ 4


イメージ 5

鬱蒼としていますが、序の口。

セミが落ちてきて髪の毛にからまり大騒ぎ。。。


イメージ 6

神室連峰方面。


イメージ 7

鳥海山が見えると 展望満足度UP。


イメージ 8

高松岳山頂は通過点。
奥に見える高松岳山頂避難小屋へは行かず
虎毛山へ向かう長い尾根へ下ります。


イメージ 10

奥中央が虎毛山。
虎毛山の手前、三角に尖っているのが前森山 (登らない)。
虎毛山の登山道へ合流するまで
尾根歩きのコースタイムは4時間30分。  長いね~。


イメージ 9

急坂を下り、早速、茂った笹の中に突入。
背丈ほどの笹は長く続きませんでしたが、
鬱蒼とした登山道は落ちた枝が足にからまる状態。
延々と続きました。


イメージ 11

筬葉草 (オサバグサ)   葉の形が筬のようだ。


イメージ 12


イメージ 13

銀竜草 (ギンリョウソウ) 


イメージ 14

近くなってきました。
が、まだ遠い。


イメージ 15

マスさん手作り和三盆のロールケーキ登場。
元気補充完了。
これでまだまだ歩けます。


イメージ 16

合流点1234m までの登りはジワジワとキツイ。


イメージ 17

写真を撮ると呼吸や心が整うので 
たくさん咲いていた 舞鶴草 (マイヅルソウ)を撮影。


イメージ 18

突然、出ました! あの分岐。
「やったー!」 の一言にすべての想いが。


イメージ 19

気持ち新たに虎毛山山頂を目指します。


イメージ 20

辿った尾根。

以前はこの場所で 〝歩いてみたい〟〝歩けるのか〟と思いを馳せ、
今は 〝歩いてきたのかー〟と、実感があるような無いような達成感に包まれて。


イメージ 21

登頂。


イメージ 22

頑張ったご褒美の美しい湿原。
栗駒山を眺めながら
虎毛山を栗駒山から見たときのことを思い出しました。


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25

さあ、帰ろう。


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29

長かった道のりも
あとは下りを残すのみ。

その下りが急坂で長かった(そう感じた)。

イメージ 30

橋を渡った後は高低差のほとんど無い道を進みます。


イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33

トラの滴。 水場。


イメージ 34

デポ地点はここから数分。
お疲れさまでした。


イメージ 35

鬼首の湯と
大和町吉岡の「四川チャイナ」へ立ち寄り。
四川ホイ麺をいただきました