2017年 8/3(木)


SONEさん の 山と高原地図の登山道調査に
ご一緒させていただきました。


イメージ 1

予報は晴れのち曇り。   雲多し。


イメージ 2

御沢コース登山口 5時30分スタート。
入口から茂っていますが数m抜けると道が開けます。


イメージ 3

タラタラと林の中を歩いているうちに
身体が山歩きに慣れてきました。


イメージ 4

湯の花か。


イメージ 5

林の中をおよそ1時間歩き、御沢に出て、
そこから 「石飛八里」 といわれる沢歩きがスタート。


イメージ 6

途中、栗駒山山頂が見えました。
進行方向は写真左。


イメージ 7


イメージ 8

色付いたナナカマドやミネカエデがありました。


イメージ 9


イメージ 10

沢歩きのラスト、はしご滝
             2013年8/3  ( 偶然同じ日 )  


様子が変化してる。

今回、滝は登らず、
左手にある巻道を忠実にたどりました。


イメージ 11


イメージ 22

上部はロープ付の急坂。


イメージ 12


イメージ 13

秋を感じる実たち。


イメージ 14

鬱蒼としたところもあり。


イメージ 15

ロープ付の急坂を登りきって進むと 開けた御室下に出ました。


イメージ 16

雛桜がたくさん。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

モーゼの道。。。


イメージ 37

湯浜からの道と合流し、天狗平へ。


イメージ 20

厚い雲海。


イメージ 21


イメージ 23


イメージ 24

山頂から東栗駒コースを下り、裏掛コースに分岐する。


イメージ 25

奥に笊森避難小屋。

分岐から南東方向へ下山しますが、
ここではいったん北へ向かう。


イメージ 26

SONEさんが発見した水場へ。
潤った世界があった。


イメージ 27


イメージ 28

月山ぽい、という意見が一致。


イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31

沢や雪渓やお花畑を越して
ワタスゲだらけの場所へ。
ワタスゲというより・・・綿!   綿もじゃもじゃ。


イメージ 32

赤い帽子をかぶった可愛らしい女の子のモデルが欲しかったけど
SONEさんしかいませんでした。  あら、失礼 ^_^;


イメージ 33

2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震で崩壊した斜面を横切る。


イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36

ブナ林を下る。

新湯を徒渉したら、続きの登山道は地図を見て探してください。
下山口(登山口)付近は茂ってました。



イメージ 38

駒の湯温泉へ立ち寄り。

営業期間   4月末~11月初め
営業時間      10~17時
定休日     毎週水曜 第2・4木曜 (祝日の場合は翌日)
入湯料     おとな(中学生以上) 400円
         小学生 200円