2018年  7/26(木)~27(金)


二ノ滝往復後、一ノ滝駐車場にて前泊
【 1日目 】
三ノ滝・万助道・長坂道登山口(林道終点)→狭霧橋を渡って二ノ滝コース合流
→鳥海湖→御浜小屋→七五三掛→外輪山→七高山→山頂御室小屋泊
【 2日目 】
日の出を見に外輪へ→小屋朝食→新山
山頂御室小屋→千蛇谷→七五三掛→(扇子森立寄り)→(戻って)御田ヶ原分岐
→鳥海湖→笙ヶ岳→長坂道コース→ガラ場→渡戸→出発地点


2日目は4時30分頃の日の出を迎えに外輪へ。


イメージ 34

七高山へ向かおうとする私に
「 そっち行ったら山(外輪を入れ込んで)撮れないでしょ 」 と。  たしかに~。


イメージ 1


イメージ 2

出ました、影鳥海。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9

外輪ではチョウカイフスマやイワギキョウやイワブクロが咲いていました。

小屋に戻り朝食をいただき、次は新山山頂へ。


イメージ 10

登頂して振り返るとH野さんは向かいのピークでカメラを構えていて、驚き。
途中まで一緒に登っていたのに・・・。


イメージ 11


イメージ 33

あっという間にこちらへ。


イメージ 12

およそ7時に下山開始。
千蛇谷の夏道を初めて下ります。


イメージ 13

雪渓を横断して外輪山千蛇谷分岐への新しい道 ( 旧道の上部 ) へ。


イメージ 14

千蛇谷。


イメージ 15


イメージ 16

ニョロニョロの草原に戻りました。


イメージ 17

暑いけど前日より汗が流れない、水分枯れているのか・・・

H野さんも私も熱中症にならないようコマメに水分補給。
ただ、水場がないのです。。。



イメージ 18


イメージ 19

これでもかっ、てくらい咲いている。


イメージ 20

前日、通りかかった時にちょうどガスがかかり、
待っていても晴れなかったので
再度、扇子森へ立ち寄り。


イメージ 21

扇子森から御田ヶ原分岐まで戻って鳥海湖へ。

そのまま笙ヶ岳へ。


イメージ 22

下山は
岩峰を越したら、笙ヶ岳が 三峰、二峰、笙ヶ岳山頂、と続いています。
笙ヶ岳、展望も花も素晴らしい。


イメージ 23

週刊ヤマケイでもお馴染み、長野の山岳写真家Mさん
のファンクラブ会長さんにお会いしました。
鳥海山に詳しい方です。


イメージ 24


イメージ 25

前日と同じような雲が。
鳥海山では珍しくないらしい。


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29

長坂道の登山道は通る人が少ないようで
石が草で隠れて歩きにくい箇所もありますが、
わかりにくいところはなく、猛暑でなければ
もっともっと気持ちの良い、眺めを楽しめるコースだと思いました。

樹林帯は刈払いしてあるところと、茂ったままのところといろいろ。
掻き分けるほどのところはありませんでした。


イメージ 30

暑さで疲労が増していたので、分岐までが長かった。

渡戸の沢でやっとの水場。


イメージ 31


14時15分、無事下山。

登山口の近く往復同じ場所で
マムシがお見送りとお迎え。
尻尾をプルプルさせていました。    写真ナシ。



イメージ 32


帰り道、道の駅で岩ガキ ( 新潟産 )&銀カレイ 。
( 岩ガキコーナー16時まで )