2021-04-12(月)

はじめて参加した会山行が2009年11月3日の須金岳でした
( 入会前のおためし山行 )

その日は途中から降雪となり、見慣れぬ景色に
興奮しながら歩いたのを思い出します

そんな懐かしい須金岳へ行こうと地図を眺めていたら
虎毛山まで歩けそうな稜線みっけ


行ってみよう

DSC_3235-1
鬼首道路の大森平から歩き出し

DSC_3241-1
夜明けとともにスタートしました

10分くらい歩いて長靴にインソールを入れ忘れたことに気づき
車まで戻ることに
長靴の時、インソールは3枚入れて自分好みに調整
( へんなこだわり )
ソックスは機能性の違う2枚ばき
 

DSC_3244-1
そうそうココ!
12年前は車で入れましたが今回は林道を約1.5km歩きました

登山道入口の標柱の裏側がボロボロです

DSC_3258-1
仙北沢を眼下に歩くトラバースは
当時とても怖くて、下を見ないようにして歩きました
今回も同様に恐怖でしたが、下は見れました

咲き始めたイワウチワに春を実感します

DSC_3265-1
水沢森直下は残雪のブナ林

このあと、たっぷり残雪歩きをするのですが
この時は久しぶりの雪に嬉しくなりました

DSC_3279-1
水沢森を過ぎて夏道へ

DSC_3281-1
雪が崩れていく荒々しい光景

DSC_3288-2
夏道から少し外れて振り返ります

雪の割れた稜線や
禿岳、葉山、月山・・・
写真にはおさまりきれない景色が広がっていました

DSC_3305-1
1191P付近 ↑ 左が須金岳山頂 ( 夏道なし )

須金岳への魅力的な雪稜を気にしつつ
虎毛山へ

途中まで県境の稜線をたどります

DSC_3323-1
月山

DSC_3323-2
月山 ( トリミング )

人と接する機会が多いので
少しの間、県境を越えての車移動は我慢しよう
誰とも会わない広々とした場所を
歩いて秋田県へ来れて良かった

DSC_3315-3
鳥海山

DSC_3329-3
虎毛山の小屋がもうすぐです

DSC_3328-3
振り返るとこんなかんじ

スノーシューのあともありました

DSC_3351-1
穴ぼこ


小屋の手前の藪が激しく出ていて
突入するも入れずウロウロ

藪に沿って歩いて行くと
積雪のつながっているところを発見

無事に登頂できました

DSC_3331-1

DSC_3330-1
風の当たらない小屋の東側で休憩

DSC_3333-1
栗駒山

前回の虎毛山は高松岳から長い道のりをみんなで歩いたのでした
前森山の存在感がすごかった

今回の前森山の写真はイマイチなので掲載なし


DSC_3356-1
往路を戻ります

神室連峰の両端背景に月山と鳥海山


DSC_3367-2
ザラメ雪の上に膜のような薄い氷がはっている
フィルムクラストっていうのかな


DSC_3384-1
須金岳への分岐まで戻りました

須金岳へつづく真っ白な道に導かれ
今なら積雪をたどって行ける山頂へ


DSC_3418-1
12年前の面影なし ( 降雪だったけど無雪期だったので )

それにしても気持ち良い


DSC_3398-1
須金岳登頂

先ほどの虎毛山が近い
小屋も見えます

でも、回り込んでいくので
そんなに近いわけではない

DSC_3411-1
さ、帰ろう
歩いた歩いた 

DSC_3440-1
ピンクのフリフリに癒されつつ下山